変化し続けるグローバルなビジネス環境、企業そしてその中で働く個人が競合し成長を続けるためには、多様な文化背景を持つ同僚、パートナー、顧客、サプライヤーをよく理解し有効的なコミュニケーションをとらなければなりません。革新的な思考を持ち合わせ文化の多様性の価値を理解しており、さらに社員の異文化適応能力を育てようと努める企業は、以下の特徴があるとある調査で明らかになりました。
・より利益を上げる
・    革新的である
・    変化にうまく対応できる

一方で異文化適応能力が欠けていると次のようなリスクが高まると言われています。
・    誤ったコミュニケーションをとってしまう
・    チーム内での摩擦が起こる
・    合併の失敗
・    顧客が遠ざかる可能性
・    企業イメージの損失
国境を超えたM&Aや国際経営、経営拡大のためには、社員の異文化適応能力を高め革新的な思考を持つことが重要な要素だとGlobal Perspectivesは強く信じています。