The GP team- インターナショナルな経験、情熱、革新、創造力


ディクソン ギャヴィン(共同創設者・コンサルタント)


日本の企業社会で10年以上の経験を積んだ、コミュニケーション、クロスカルチャー、革新力を指導するトレーナーです。65カ国以上をビジネスや旅行で訪れた経験があり、国際的な環境で存在感を強めたいと奮闘する企業が抱える課題をよく理解しています。日本の大企業や政府機関でクロスカルチャーコミュニケーショントレーナーとして従事しました。主な会社に、三井住友銀行、みずほ銀行、日本電気(NEC)、東レ、日立建機日本、アステラス製薬、デロイトトーマツコンサルティング、日本銀行、経済産業省などがあります。

国際ビジネスの荒波を乗りこなすため、異文化を深く理解し効果的に高いインパクトを与えるコミュニケーション戦略、進歩的で革新的なグローバル思考を用いて、ビジネスのプロたちの可能性をさらに引き出すことに情熱を注いでいます。

またMBAコンサルタントとして、日本最高レベルで聡明な人材を世界をリードするMBAプログラム(ハーバード、ウォートン・スクール、スタンフォード、オックスフォード、ケンブリッジなど)に入れるためのサポートをし、日本企業の次世代リーダー養成に貢献しました。


紀ノ岡 トーバ(共同創設者・コンサルタント)

12年間日本に在住し日本の大手企業や日本を起点にもつ多国籍企業の人事部門で活躍しました。東京三菱UFJ銀行、日本赤十字社、ファイザー、富士通、シティバンク銀行、いすゞ自動車、日揮、双日、伊藤忠商事など幅広い業界のクライアントと働いた経験があります。また、イギリスの多国籍企業でビジネスコミュニケーションのスキルを教えるトレーナーとして6年間務めた経験があります。

彼女の情熱を注ぐ専門分野は異文化理解とコミュニケーション、組織的な文化変革です。一流のグローバルビジネススクール(国際経営開発研究所、ハーバード、インシアード、ウォートンなど)が行う企業のシニアマネージャーを対象にした教育プログラムへの準備や海外配属のための準備など多くのクライアントをサポートしてきました。

直感的にクライアントを鼓舞し背中を押す指導者としてだけだはなく、プログラムの立案と作成、またプロジェクトマネジメントなど多岐にわたる経験を持っています。また、ビジネスカルチャートレーナー、組織再生コンサルティングとしての資格を持ち、IRC異文化対応能力アセスメントツールを提供する免許を持っています。